== おじゃ ==

今朝のおじゃさん

昨日の朝、おじゃの姿が見えなかったから
2階で朝日に当たりながら寝ているのだろうと
思っていたら~

今日は、こんな所で
朝のパトトール中でした。

 
窓が開いて網戸になっているのに
近寄らずに
窓から少し離れて
鳥をジ~ッと見ていた。

おじゃの目線では

11212.jpg 

こんな感じ

たまに、

「ふぁぁ~」

なのか

「ひゃぁ~」

なのかわからない
声を出しながら・・・

 

スポンサーサイト
┗ Comment:2 ━ 11:06:25 ━ Page top ━…‥・

== おじゃ ==

おじゃタン

1081.jpg 

最近、ソファの肘掛に座るようになった。


コチラから写すと~

116 - コピー1 

こんな感じ

カメラをみつけて起きてちゃったjumee

109 - コピー1 

いつもの、この場所から
朝のパトロール

そして今日は

1101.jpg 

さらに高い所から~

急に鳥が飛び立つと
ちょっと後ずさり・・・

明日のおじゃタンはどんなかな~?

 


┗ Comment:0 ━ 07:00:37 ━ Page top ━…‥・

== 日常 ==

アブラムシ その後

うちの唐辛子

真ん中は大きくなるまで家の中で育てていたもの
なので
ちょっと小さめで色も薄め
両側は、芽が出て間引きして少し大きくなった頃から
外に出していたもの。

11211.jpg
アブラムシがついていたのは
左側のイチバン元気のいい葉
それも
これから大きくなるであろう若い葉っぱ。。。
毎日のように1日2回は
アブラムシ確認

残念ながら

完全には居なくならない



そこで!

もう一度
唐辛子水を作り直すことにした。

1151.jpg 
このビン、281ml と書いてあって
この量なので260mlくらいかな~?

去年収穫した新鮮唐辛子8本と
熱湯を入れ一昼夜

前回のものよりもオレンジ色が濃い!

この濃縮タイプをまた1日2回
全体にスプレーと
茎に流れるように
つぼみのある所からそ~っと~

葉一枚一枚裏を返して~
これから大きくなる小さな葉も良く見て
1匹でも居ようものなら
容赦なくツブシテ・・・・
そんな殺気を感じたのか
アブラムシはほとんどつかなくなりました~

まだまだ油断はできない・・・・




┗ Comment:0 ━ 00:21:30 ━ Page top ━…‥・

== 日常 ==

ハミングバード

1112.jpg 

                         

このデジカメは、これ以上ズームはできない。。。

やっと、写せたけど・・・・

とっても分かりにくい~

外に出ている時は、きっと鴨のようには近づいてこないだろぅ。。。

ハチドリって名前がついているくらいだから

「日本の野鳥」とか「鳥図鑑」とかに載っているのかも~

背中が黄緑で首が赤かった。

 

┗ Comment:4 ━ 21:39:19 ━ Page top ━…‥・

== 日常 ==

庭のいろいろ

今年は4年もののラベンダーがやっと咲いた。

ペチュニアもウサギに食べられてから
買って来なくなったけど
今年はリベンジ。
ちょっと高いところにプランターを置いたら
満開。

去年初めて植えた唐辛子。
食べた後の種を取っておいたので
今年はそれを元に植えた。

唐辛子の種は、鷹の爪の中の種が
そのままなので
ものすごくたくさん。

家の中にも外にも唐辛子。
外に置いた鉢の1つにアブラムシがついてしまった。

市販の果物野菜用の害虫駆除薬もあるけれど・・・
なんだかいやなので
薬を作ってしまおう!と思いつき
以前テレビ番組で見た
「無農薬農薬」をインターネットで検索。

“鉄腕!ダ0シ0”のダッ○ュ村で
手作りして畑に撒いていた無農薬農薬
匂いのキツイ物をすりつぶし・・・

作り方をみると、手に入らない材料もあるし
意外とメンドウ



更に検索・・・

アブラムシに効くというのが

・熱湯に唐辛子を入れ一昼夜
そのまま薄めず霧吹きで掛ける。

唐辛子の葉に唐辛子水・・・

結果
掛けたときの水の勢いで飛んでいったのかもしれない
が、
2匹残っていた。

家の中のミニバラの葉っぱに
うどん粉病らしきものを発見したので
こちらには酢水を。
・米酢を約50倍に薄め霧吹きで掛ける。

掛けてみた。

なくなったように見えるような気がする。

この酢水を
外の唐辛子にも掛けてみた。

今日、唐辛子をみたら

アブラムシはまったくいなくなってました~

    

そんな小さな庭にもうひとつ楽しみが~

野ウサギやリスや鴨親子は今でも~
オハイオの赤い鳥のツガイや鳩のツガイ
青いブルージェイも
珍しくなくなった。

ホッケーから帰ってきた時間だから
夜8時半頃かな。
玄関脇やプランターに水を撒いていたダンナちゃまが
「変な鳥がいた!」と~
話を聞くと
なんと
ハミングバード(ハチドリ)だ。

もっと見たいので買って来た。

11311.jpg 

甘い水が入ってる。


オハイオの鳥の本によると

体長約7.5~9センチ

家の中からは手持ちのデジカメでは写せない

背中が緑色っていうのがかろうじて分かる。


写真が撮れるといいな~

┗ Comment:8 ━ 19:40:03 ━ Page top ━…‥・

== お菓子・料理 ==

見たことも聞いたこともない
ということで
お見せしましょう。

北海道ホワイトカレー

のパッケージ

1121.jpg

作り方は普通のカレーと一緒

というより

シチューと一緒かな。

最後に牛乳を入れるので。

見た目は白いシチューのよう

味はちゃんと中辛でカレーの味

 

アメリカのある州の日本食材店で売っているとか。。。

オハイオには売ってません。

西の方ではどうでしょう?
ね?
あみぃゴさん・・・

報告お待ちしてます。

 

 

┗ Comment:2 ━ 18:39:15 ━ Page top ━…‥・

== おじゃ ==

面白い おじゃタン

タグフレンズというブログパーツで
夏なのでビニールプールとオルゴールみたいな物を
貰った。
手回しオルゴールみたいなものは
クリックすると水の流れる音と鳥の囀りが聞こえてくる。
いつものように
おじゃがパソコンの側にいるときに
何気なく
音を出してみたら~



ジ~っとパソコンを見つめてる。

鳥がリアルすぎるのかも~

繰り返していると
鳥は近くにいないということが分かるらしく
パソコンを気にすることなく
どこかへ行ってしまう。。。

 

 

┗ Comment:0 ━ 18:23:52 ━ Page top ━…‥・

== おじゃ ==

久し振りのおじゃタン

旅行から戻ってきてからのおじゃタンは
ベッタリ~

いつからか、いつものおじゃタンに戻っている。


いつもなら太陽とともに移動しながら寝ているおじゃタン
今日は、ちょっと曇り。
おじゃタンにとっては肌寒い日なのかも。
そんなときは、スキがあればひざの上に乗ろうとする。
ひざの上でもいいけれど
約3キロのおじゃタン。
足が痺れます・・・・

「もぅ!落ち着かないゎ」とでも思ったのか
パソコン横に、ドカッと・・・
寛ぎだしたので、フリース生地を敷いてみた。

パソコンから温かい風が出ているから
お尻が温かくて気持ちいのかも?



001 - コピー (2)1

しばらくココにいたけれど
あまりにも構ってくれそうにないからなのか
キャットタワーへ行ってしまった。

 

この場所は、あまり気に入らなかったみたい。
この日以降、ココではくつろがない。

おじゃさんの好みは難しい~jumee☆whyR



┗ Comment:2 ━ 05:44:22 ━ Page top ━…‥・

== 旅行 ==

旅行最終日オハイオにか~えるの巻

ホテルに戻ってきた後、雨が降り出していた。
雷も・・・


7月4日朝5時半過ぎにチェックアウト。
ホテルの外に出ると~
雨は止んでいる。 さすが~
ミュンヘン中央駅からエアポートバスに乗り空港へ。
チェックインを機械で済ませ、カフェでコーヒーを飲み
中へ~
手荷物のX線を問題なく通り~と思ったら
2つのバッグを指差す検査官。
「このバッグはお前達のか?」って感じで。「開けるぞ」って。
水のペットボトルを取り出して、捨てられた。
ペットボトルは、持ち込み禁止だったことをすっかり忘れていた。
ミュンヘンの空港のX線では靴を脱がなくてもいいから
すっかり気を抜いていたというか・・・・
ペットボトルだけで、あとは問題なし。

ダンナちゃまがトイレに行っている間、近くの店を覗いてみたら
よくあるDuty Free shopではない、ちょっと高級感のある店構えの
お土産やさんだった。
トイレから出てきたダンナちゃまと中へ~
ワインも置いてあるきゃー!
アメリカでは売ってなさそうなフランケンワインの辛口を購入。
これで思い残すことはなさそうだjumee☆SaturdayNightFeverL

ゲートに向かい2時間くらい時間をつぶす~
2841.jpg
朝8時半過ぎのゲートの周り~ 

2821.jpg
午前9時50分発ワシントンDC行き


午前9時50分発アメリカワシントンDCへ向けて出発~

2861.jpg
イギリス上空


パーサーというのかな?男性のCAさんが席の担当だった。
気の配り方がすばらしく、ワインを頼んだら一緒に水もどう?って
水はガス入りと普通の水と2種類あって「ガスなし」を頼んだら
次からは覚えていてくれて、何も言わなくても
ガスなしの水を出してくれた。
国際線に乗っているから日本にも行った事があるらしく
どこの国か聞かれたときに日本だと言うと
「成田の人たちはいい人」みたいなことを言ってきたり
来るたびにちょいちょい日本語を使ってくる。

ビアレストランに居た日本語話せるKYおじさんとは大違いで
片言の日本語を使っても腹が立つどころか微笑ましい感じ。

ワシントンに着いて降りる時「ありがとうございました。さようなら」
って~
次の機会にも、ぜひ乗っていて欲しい。
日本行きの飛行機にも乗っていて欲しいな~
 アメリカからルフトハンザで日本には帰れないけど。。。
それほど、気配りがグッ


ワシントンDCに到着し入国審査・乗り継ぎチェックインなど済ませ
3時間の待ち時間にBarでビールを注文してみた。
出てきたビールは・・・泡が無くなみなみに注がれた状態。
そうそうアメリカで飲むのは、これだったょ~
どこで飲んでも泡はないのよね。
飲んでみると・・・味うすっ。
美味しいドイツビールに慣れてしまったらしい~汗;

1時間ちょっとでオハイオに到着し無事帰宅。

黒猫おじゃタンのお迎えは次の日の土曜日。



┗ Comment:6 ━ 13:02:33 ━ Page top ━…‥・

== 旅行 ==

ドイツ5日目

ミュンヘン観光最終日の巻~

昨日教えて頂いた居城へ。
ホテルからミュンヘン中央駅まで歩き路面電車で約15分ほど。
ヴィッテルスバッハ家の夏の居城として建てられた
ドイツで最大級のバロックの城 ニンフェンブルク城

左右対称の姿が美しい~
2411.jpg
天気もよくて気持ちいい~

ガイドブックによると~
 「1664年フェルディナント・マリア侯が妃アーデルハイトのために
造営した別荘が歴史の始まりで、その後19世紀半ばまでの
度重なる増改築および庭園の造営により、現在の姿となった。
戦争による破壊も免れ「妖精(ニンフェ)の城(ブルク)」の
名にふさわしい往時のままの美しい姿を見せている。」
と書いてある。

真ん中が本城。
チケットを買い2階に上がると~
シュタイネルネ・ザールというロココ様式の大広間
2431.jpg

左右それぞれ部屋がある。
寝室アリ、美女36人の肖像画があったり。。。


庭もスゴイ。
2501.jpg
この庭園の中にいろんな建物が点在している。
すべて見るには、相当な時間が必要と思われる。€もかかる。。。

すばらしいものを堪能したので
歩行者天国辺りにもどりお腹も満たさなければ~


今日のランチ場所は
2591.jpg
ミュンヘンの夜に欠かせない最大の観光名所と
ガイドブックに書いてるように
昼間なのに混んでる。

まずは、ビール。MÜNCHNER WEISSE というミュンヘンビール
2611.jpg
ミュンヘン名物 白ソーセージ

2631.jpg
白ソーセージに必ず付いてくるプレッツェル
白いツブツブはゴマではなく「塩」
アメリカのものほど塩っ辛くない。ビールによく合う。

2621.jpg
ソーセージ盛り合わせ マッシュポテトとザウアークラウト添え

このテーブルに来た担当ウェイターさんは
日本語が少し話せた。(ちょっとヘンな日本語)
イマドキノ言葉でいうならば、KYな人だった。。。怒
白ソーセージは美味しくないとか
そんな食べ方じゃないといってフォークとナイフを取り上げ
切ろうとしたり・・・jumee☆whyR
運が悪かったか?
ビールもソーセージも美味しかった。


その後も散策はつづく。

ガイドブックにはあまり詳しく載っていない教会を目~指す。
観光客は通らないであろう工事中の建物の横を通ったり~
ちゃんとした地図なら道の名前や何があるかも詳しくでているだろうけど
ガイドブックの地図なのであまり詳しくない。
やっと人がたくさん歩いている通りをみつけ
歩いて行くと~見つけた見つけたお目当ての教会。
新市庁舎からは、少しはなれたところにあるアザム教会。

2651.jpg
きらびやかな内装。まさに豪華絢爛     ↑
ガラスケースの中に、ホンモノかどうか分からないけれど
ミイラらしきものが横たわっていた。


この教会の目の前の通りを歩いていくと
なんと新市庁舎の方まで行ける。意外と近かった。
また遠回りをしてしまった。。。

これで、とりあえず見たいと思っていたところは回った。

ホテルに戻り、帰り支度をしなくては。




┗ Comment:4 ━ 23:55:45 ━ Page top ━…‥・

== 旅行 ==

ドイツ4日目

ホテルでちょっと豪華なバッフェ朝食を食べ
市内観光へ向かう。
もちろん、目的地まで地下鉄だ。
今日は、大人5人まで一緒に乗れるパートナー1日乗車券にした。

まずは、レジデンツ

道路沿いにいくつかライオン像が建っている。
その像の楯の一部に触ると幸せが訪れるという言い伝えがあり
全部触って行ったおじさんがいた。
1881.jpg
(この下の金になってしまっているところ)


レジデンツは、バイエルン王家のヴィッテルスバッハ家の本宮殿。
入り口に禁止事項の看板があったなかに
カメラの絵があったけどその隣に稲光が書かれていた。
もしかしたら、フラッシュだけ禁止だったのかもしれない。
周りの人たちは、カメラを持っていても撮ってる様子がなかったので
撮らずに我慢していた。おばちゃんは構わず撮ってたけど。。。。
ルネッサンス・バロック・ロココ様式がアチコチにありたまらないっ
1912.jpg
唯一写したのが出口近くにあった祖先画ギャラリー
右側の壁にも祖先画が。。。121枚あるらしい。

隣には、レジデンツ宝物館がある。
10世紀からの王家の宝物が展示されている。
宝石が散りばめられた王冠やいろんなもの。
いや~すごかった。
1941.jpg
奥の棚にはダイヤモンドとルビーじゃないかって思う王冠も。

次に、フラウエン教会へ。
ココにはなんと「悪魔の足跡」伝説がある。
2041.jpg

この教会が出来たとき、悪魔がどんな教会が出来たのか
好奇心で見に来たとき、窓がひとつも無かった。
そのことに大笑いし、こんな教会に信者が来ないだろうと
勝ち誇った気分で足跡を残した。といわれている。

2081.jpg
これが足跡。

この先、2,3歩進むとちゃんと窓が見える。

2221.jpg
足跡のところから中を撮ってみた。


次に向かったところも、教会。

2241.jpg
ミヒャエル教会   (ちょっとナナメ。。。大泣き


ココの地下には、ヴィッテルスバッハ家の墓所を見学できる。
ルートヴィヒ2世の棺も置かれている。

撮ってきた。

2291.jpg
他の棺よりも目立つ。

他にもプリンスやらプリンセスやら10数個の棺が置かれている。
花を飾られているのはココだけ。
この地下に入るのに€2必要。

この教会を出た後、
なんと「SUSHIYA」という看板を見つけたにっこり
看板の先、T字路のところに店も見つけた。
行ってみると、こじんまりとしたお店。
巻物と握りが入ってるパックがいくつか置いてある。
その場で食べることも出来る。
1パックを1人で全部食べるほどお腹も空いていないので
1パックを2人で食べることに。
飲み物冷蔵庫にいろいろと並んでいる。
ビールらしきビンもある。
ダンナちゃまが英語で「ビールはあるか」と聞いたら
どう見ても外国人の彼が
「コチラのノンアルコールビールしか置いていないんですよ。」
と日本語で返してきた。汗;
それもキレイな日本語で・・・ まさか日本語を話せるとは~
その場で寿司とお茶で休憩。

今日この後、ミュンヘンについていろいろと教えていただいた
shocolaさんと会うことになっている。
ブログを通じて知り合いになっても、実際に会うことを嫌う方も
中にはいるというので、恐る恐るではあるけれど
お茶に誘ったら、快くOKしていただいたので
ちょっとドキドキしながら二人で寿司なんぞ食らってました。笑
はじめて会うのでshocolaさんから目印を聞いていた。
コチラの目印は・・・日本人2人ぷぷ

休憩中のSUSHUIYAに、なんとshocolaさんの目印と同じ女性が
入ってきた。驚いた。
ダンナちゃまと無言で顔を合わせたことは言うまでもない。
その女性、店に入ってきての第一声「オ~ラァ~」・・・
モデルがかけてるような、デカイサングラスを掛けている。
ダ「オ~ラ~っていう感じの人っぽい?」
m「文面も話し方もやわらかい感じ・・・ちがうと思ぅ」
とコソコソ話していると
2人の横を通り後ろの席へ。
ダ「もしそうなら声かけてくれるでしょ?」
m「だよね。。。ところでオ~ラは何語?」
なんてことを話しながら店を後にし・・・
待ち合わせまで、まだ時間があるので
歩行者天国の真ん中にパラソルを開いているカフェで
緊張を解すかのようにビールをいただいた。汗;

待ち合わせ場所へ。
SUSHUYAで見かけた女性とはまるで違って
とってもかわいらしい方で、ヘンなドキドキも消えました。
1855年創業の老舗「カフェ・クロイツカム」へ
そこで、名物のバームクーヘンをいただきました。
甘さ控え目のとっても美味しいバームクーヘンでした。
ニューヨーク経由で、なにもない(笑)オハイオにも是非
遊びに~とお誘いまでしてしまい・・・
とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。
お勧めの観光地まで教えていただいて
明日の予定が出来ました。。。

 ホテルに帰ろうと地下鉄乗り場に下りようとした、そのとき
雨が降ってきた。見る見る黒い雲が近寄ってきて・・・
空を見る限り、通り雨っぽいのですぐ止むだろうと
オハイオの感覚で、のんびりアイスなんて食べて
止むのを待ってました。
予想通り、小雨になったので地下鉄に乗りホテルへ。

明日の予定も居城。














┗ Comment:2 ━ 08:40:34 ━ Page top ━…‥・

== 旅行 ==

ドイツ3日目

今日はFÜSSEN最終日。

ホテルで朝食・チェックアウトを済ませ荷物を預け
昨日休館日では入れなかった市博物館へ。

1591.jpg
『死の舞踏』が壁一面に描かれている。
人間には必ず死が訪れるということで死神と一緒にダンスを
踊ってる絵。

1711.jpg
2階へ行くと~
全部、古い本。1860年と書いているものも。
天井を見ると~
1691.jpg
とってもキレイです。
忠実に修復しているそうです。(たぶん汗;

意外と広かった。。。


午後1時くらいの電車に乗りミュンヘンへ~

駅からホテルまではちょっと歩いた~
チェックイン後、市内散策へお出かけ。徒歩で・・・
駅から東方面へ歩き、大きな通りに出たところで北へ
歩行者天国へ入るカールス門に到着。
1751.jpg

ず~っと歩いていると、お目当ての教会も。

1801.jpg
2011.jpg 新市庁舎の塔
2本並んで建っている緑の屋根のが
フラウエン教会。ココも行く予定。

この塔に仕掛け時計がある。(塔の緑の部分)
17時から10分間動く。 意外と地味~貴重なものが見れたかな。

本日は、これくらいでホテルに帰ることに。
来るときは、歩いてきたけれど帰りはちょっと。。。。
地下鉄に乗って帰ることにした。
地図をみて、たぶんホテルはこの辺りだろうというところまで乗ることにした。
まずは、切符を買わなければいけない。
地球の歩き方に券売機での買い方が載っている。
先にボタンを押し、お金を入れたら切符とおつりが出てくる。
切符は買えた。
次が難関のホームへ降りるだ。
日本と同じように、通路の左右に下へ降りる階段がある。
こんな観光地の真ん中の地下鉄駅なのに英語表示がない。
近くにあった路線図を見て、終点駅名と乗り換え駅名と
降りるであろう駅名をメモに書き、下へ降りる。
来た地下鉄の行き先名を確認し、乗り込み
1つ先の駅で降り、乗り換えホーム看板を探し行く人の後をついていく
次の地下鉄に乗り「たぶんこの辺りだろう」という駅で降りて
地上へ出てみると~えぇ
見たことも無いところへ出てしまった。
少し歩いてみたけれど、まるで見たことが無い景色。
ガイドブックの地図を見てみると~
1つ遠すぎた。。。落ち込み
また地下鉄に乗り、1つ戻る。
で、地上に出ると・・・・きた
ホテルの近くの教会の側にでるじゃないかきゃー!
「なぁ~んだ、ココにでるのか~意外とちかいじゃんぷぷ

こんな感じの二人旅でございます98666

明日も見るところがイッパイ。




┗ Comment:0 ━ 19:39:37 ━ Page top ━…‥・

== 旅行 ==

ドイツ2日目 後編

ホテルに戻り、デジカメの充電完了までしばしの休憩~

ホテルの周り散策へ出掛ける~の巻

ホテルを出て、とりあえず歩く歩く歩く・・・・
なんとなく観光客が通らなさそうな階段を発見。
行ってみようということで階段を上る坂道を登る・・・・
すると、城壁が見えてきた。バスから見掛けた城壁だ。
木の扉がちょっとだけ開いている。そこから中へ~
1071.jpg
上を見上げると、日時計が壁に。
先を歩いていくと~だまし絵の壁面が見えてきた。
1131.jpg

11611.jpg
近くで見ても、立体に見える。

ココは、アウクスブルク司教の夏の居城として建てられた
ホーエス城
中も見れるらしいけど、午後4時までだった。
もうすでに4時過ぎてました。。。

ココがちょっと小高いところにあるので坂を下りていくと
目の前に時計塔がある。扉が開いていたので入ってみたら
教会でした。
この教会、ガイドブックには教会の印も名前も載っていない。
置いてあるパンフレットを持ってきたと思ったけど~ない。
12311.jpg
中はこんな感じ。キレイな教会でした。

次は~
ロマンチック街道の終点と書かれているところをみつけに~
終点と書かれているところも教会。
地図で見る方向と同じところに教会が建ってる。
とんがった屋根が見える。歩くと結構距離がある。
ガイドブックの地図なので、道の名前はあまり詳しく載っていない。
なので「コッチの方向じゃない?」「あれじゃない?」
といいながら、ひたすら歩く~
大きな道に出たと思ったら~なんと「welcome」の文字。
この町の端っこまで来てしまっていた。

「たぶん、あそこ」と思っていた教会までたどり着いた。
が、

なにも表示がない。
観光客が来てそうな感じがしない。
違うのか?とウロウロウロウロ~
教会の敷地にいたおじさんに見ていいか聞いてから
中へ。
カソリックな教会。地元の教会って感じかな。
一旦教会の外に出てみても特になにもない。
またウロウロ~ウロウロ~
ふと目に留まった、とっても小さな看板。
1431.jpg
やっと見つけた!

この奥は行き止まり。それに、普通の家っぽい。
ちょっとのぞくと~
あったあった!
1451.jpg
これは、見つけられないょ。。。
大量の観光客が押し寄せたら、なんとなく失礼になりそうな
そんな場所。

これで、美味しくビールが飲めそうだ。98666
そこから、休みで行けなかったレストランを目指す。
なんと、ものすごい近いではないか。。。。落ち込み
3倍は遠回りしたんじゃないかっ?と思うほど近かった。。。

1521.jpg
この突き当りのレストラン。
昨日は午後2時で終わってしまい行けなかった。

英語のメニューを貰い見ていたときに飲み物のオーダーを
取りに来たお兄ちゃんが、二人の話している言葉を聞き
「日本人?」(もちろん英語で)って。そうだと言うと
日本語のメニューを持ってきてくれた。日本人多いのね~

今日の晩御飯
1471.jpg黒ビール

1481.jpg
紙のエプロンを付けられて、料理を待つ。

1491.jpg
グリルした豚肉にキノコソースがかかってる。

1501.jpg
鹿肉 とってもやわらかく・臭みもない。

今日も美味しゅうございました。

明日はミュンヘンへ向かいます。

 

┗ Comment:0 ━ 17:28:05 ━ Page top ━…‥・

== 旅行 ==

ドイツ2日目

昨夜は雷雨だった。朝起きて外を見ると山の低いところまで雲が掛かってる。
ちょっと小雨。。。
ホテルの朝食(バッフェだけど並んでいるものがドイツ風料理)を食べ
折りたたみ傘と羽織るものを持ちホテルの外へ出ると・・・
雨が上がってる。 さすがは晴れ男。

バスに乗り、お城のあるシュヴァンガウへ

バスを降りて、まず目に入ったのが ノイシュヴァンシュタイン城
それも、昨日とは違う姿
0772.jpg
幻想的とでも言おうか・・・天気が悪いのもグッ

チケット売り場で、もうひとつのお城 
ホーエンシュヴァンガウ城 のチケット購入。
このお城は、歩いていける。
ちょっと急な坂道を登らなければいけない汗汗
上っている最中、あんなに曇っていた空が雲がぱぁ~と流れ出し
かんかん照りになった。恐るべし晴れ男278

0881.jpg(城内撮影禁止)
12世紀ルートヴィヒ2世の父が再建。ノイシュヴァンシュタイン城が建築中
ココから進行状況を見ていたという。部屋に望遠鏡が置いてあった。
ワーグナーが演奏したピアノが置かれていた。

お城の外からの眺めがすばらしかった。
この緑の真ん中に赤い屋根の教会がある↓

248400092.jpg←大きくなります)
聖コロマン教会だそうだ。
 
ガイドブックには「少しはなれた牧草地に絵のように美しい姿で建っている」
とある。まさにその通り。

坂道を登り、城内を歩き、戻るときも坂道を降りなければいけない。
昨日と同じところで、休憩~275
1051.jpg
このソーセージを買うのに並んでいるとき、
黒板にドイツ語でメニューが書かれていた。もちろんドイツ語はわからない。
ガイドブックの後ろにドイツ語で料理の名前が書かれているページを開き
同じような単語が並んでいるものを探し・・・
自分達の番になったとき、カウンターには英語メニューが・・・jumee☆Feel Depressed4
あのドキドキは?!
そのあとダンナちゃまから「ビール買って来て~」と。。。汗;
飲み物カウンターへ並び・・・・ 並んでいるのはオジサンばかり。。。
オジサン達が何を買っているのか、よ~く聞いてみた。
言葉が通じなければ、メニューを指差しするだけのこと。
いつもとあまり変わらないかも。。。なんて意外に度胸が据わっているのかも。笑
自分の番。
2種類のビールを1つずつ。買えた。
ちょっとハーブの香りがする右のにごったようなやつ。
読み方はあってるかわからないけれど「ワイゼン」と「Hell」

この写真を撮ったら、デジカメの充電が切れかけていたので
一旦ホテルの戻ることに。

帰りのバスを待っていたら・・・雨。



このあと、2日後編へ~





┗ Comment:4 ━ 19:36:18 ━ Page top ━…‥・

== 旅行 ==

ドイツ旅行 1日目

6月28日朝オハイオを経ってシカゴへ~
約4,5時間待ってLufthansa航空でミュンヘンへ~
機内食も美味しく、機内もCAもキレイでグッな約8時間。
翌29日朝6時半頃にミュンヘン空港に到着。
00111.jpg
ターミナル1と2の間の中庭のようなところに
サッカー観戦用の広場。

エアポートバスに乗り、ミュンヘン中央駅へ。
今日の宿泊地
FÜSSENを目指す。
約40分で駅に到着。
駅構内へ入りインフォメーションで「FÜSSENに行きたい」と告げると
イチバン近い時間の列車案内をコピーしてくれた。
ホームはそこで、ココで乗り換えて~と説明つきで。
そこまではいい。そのあとが問題。「チケットは券売機で買え」と・・・
券売機を見ると~とりあえず数カ国語は表示されるらしい~
しかし・・・
使い方がよくわからない。!?
周りを見ると ・・・ 奥のほうにカウンターがある。
そこで無事にチケット購入。

そこから2時間の列車の旅~234
車窓から・・・
00311.jpg
ここは北海道かオハイオか?というような風景が続く・・・・

そして、2時間後 FÜSSEN 到着
00511.jpg

ホテルの荷物を預けて、バスで8分足らずの Schwangau へ~
あのお城のある地区。
こんな看板発見↓ 日本人観光客が多いらしぃ。。。

0082.jpg
お城見学のチケットを買い、お城の近くまでバスに乗り
お城に行く前に、写真でよく見る風景のところへ。
0193.jpg
つり橋の上で撮影・・・ ノイシュヴァンシュタイン城
手すりは鉄だけど、足元が板・・・それにちょっとガタガタorz
気が済むまで写真を撮り、いざお城へ~
お城へ行く途中、こんなところを通る。よく言えば森林浴。。。
でも、かな~りきつい坂道。
0271.jpg

お城の正面に到着
0381.jpg

お城の中は撮影禁止でした。残念大泣き

お城から降りてきて休憩です。
初ビールとなりました。
0451.jpg
ココで
0441.jpg黒ビールぷぷグッ

ホテルに戻り、チェックインをして
晩御飯を食べにチェックしていたレストランへ・・・
そのレストランは、この日の夜の営業がなかった~
で、隣のお店へ。
そして、ビール。
コースターに付いていた顔は、ノイシュヴァンシュタイン城を
作ったルートヴィヒ2世。
05111.jpg

晩御飯
0551.jpg
豚肉とジャガイモ・ソーセージ
05411.jpg
ラム肉とポテト

どれもきゃー!美味しゅうございました。

05611.jpg
真ん中の茶色いところで晩御飯。

ココからホテルに帰る間
06014.jpg
こんな感じ~

日曜なので店は休み&あまり人がいない。

7時過ぎからサッカーEURO2008のファイナルゲーム
ドイツvsスペインがやっていたので
物凄く賑やかでした。。。
試合が終わった後も騒がしくて・・・・
本場を味わった感じ。
その後すぐに雷雨で人が居なくなったけど~98666

そして2日目へ・・・つづく~







 

┗ Comment:4 ━ 18:23:02 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old